「着物は好きだけど、着て行く機会がない。」
このプロジェクトを立ち上げるキッカケとなった一言です。
「着ていく機会を自分達で作ってしまおう!」
それがはじまりでした。

庄内の美しい街並みを、
ただ着物姿で歩いてみたい。
2011年、そんな願いから生まれたプロジェクト。

「やがて着物姿のひとが、町中にあふれたら素敵だ!」
そんな夢を描きながら、
私たちの活動は少しずつ、進んでいます。

【庄内着物女子の目的】
・着物を着ていく機会を創出し、着物あそびを提案していく。
・若者世代に着物ファンを増やしていく。
・「着物が好き」をキーワードに、知りえなかった人同士が集まり、つながる。
・和の文化について学び、良さを共有していく。
・庄内の歴史や文化、食について、一緒に学んで、その魅力を内外へ伝える。
・着物を通じて、親世代、祖父母世代との交流と絆を深めていく。

【一番は ”楽しむこと”】
楽しい仲間と一緒に、素敵なことを発見していきませんか?
女性らしい目線から、ここ庄内の魅力を再発見してみましょう。
私たちが次の世代に受け継いでいきたいものを、
一緒に見つけ、つないでいきましょう。

まず、楽しむ。
そこから始めてみませんか?
私たちの活動が皆様にとって、何かのキッカケとなりますよう、
そう願っております。

代表 佐竹 優子

 

庄内着物女子